インプラント、審美歯科、ホワイトニング、矯正歯科、無痛治療の事なら、金沢市古府のユー歯科クリニックへ

電話でのお問い合わせ:076-240-6551

インプラントと他の治療との比較

ホーム > 診療内容 > インプラント > インプラントと他の治療との比較

インプラントイメージ

歯を一本失った場合

歯を一本失った場合

従来の治療方法

ブリッジ(保険治療も可) 部分入れ歯(保険治療も可)

失った歯の両隣の歯を削って、ブリッジを使用します。

ブリッジ(保険治療も可)

歯を失った場所に入れ歯を入れます。

部分入れ歯(保険治療も可)

メリット

  • 保険治療も可能で治療期間短い
  • 違和感少なくよく噛める

メリット

  • 保険治療も可能で治療期間短い
  • 歯をほとんど削らない
  • 取り外して掃除できる

デメリット

  • 両隣の健康な歯を削る
  • 両隣の負担が増加する
  • 歯を失った部分の骨がやせる
  • 掃除しにくい

デメリット

  • バネなどが見えて、見た目があまりよくない
  • バネがかかっている歯に負担がかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる
  • 違和感を感じることがあります

インプラント

欠損部に直接チタン歯が再建され、両隣の歯を削らずに治療ができ負荷もかかりません。

  • インプラントイメージ
  • インプラントレントゲン画像

インプラントのメリット・デメリットを見る

歯を数本失った場合

歯を数本失った場合

従来の治療方法

部分入れ歯(大)(保険治療も可)

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

部分入れ歯(大)(保険治療も可)

デメリット

  • 保険治療も可能で治療期間短い
  • 歯をほとんど削らない
  • 取り外して掃除できる

デメリット

  • バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
  • バネがかかっている歯に負担がかかる。
  • 違和感を感じることがあります。
  • 歯を失った部分の骨がやせる
  • 入れ歯の破損

インプラント

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

  • インプラントイメージ
  • インプラントレントゲン画像

インプラントのメリット・デメリットを見る

歯を全て失った場合

歯を全て失った場合

従来の治療方法

総入れ歯(保険治療も可)

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

総入れ歯(保険治療も可)

メリット

  • 保険治療が可能で短い治療期間

デメリット

  • 入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
  • 硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
  • 味覚に影響する場合があります
  • 入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。
  • あご全体の骨がやせることがあります。

インプラント

フルブリッジ(固定式(医院でのみ着脱可)) インプラント義歯(ご自身による着脱式)

4〜8本のインプラントで全ての歯をつくります。

総入れ歯(保険治療も可)

2〜4本のインプラントで入れ歯を固定します。

総入れ歯(保険治療も可)

メリット

  • 安定感は抜群(普通の入れ歯とは比較になりません)
  • 自分の歯の様な感覚が戻る

メリット

  • 通常の入れ歯より安定感がある
  • お掃除のために自分自身で取り外すことも可能
  • インプラント フルブリッジよりインプラント本数が少なく費用が安い

デメリット

  • インプラント治療の中でも費用が高い。
  • 清掃が大変
  • 上部構造が壊れたときの修理が大変。

デメリット

  • 定期的に入れ歯の修理が必要

インプラントのメリット・デメリットを見る

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:076-240-6551

医院情報

電話でのお問い合わせ:076-240-6551

【診療時間】
平日 午前9:00~午後1:00
午後2:30~午後6:00
土曜日 午前9:00~午後1:00
午後2:30~午後5:00
【休診日】
木曜日、日曜日、祝日
※但し祝日含む週の木曜日は診療します
【住所】
〒920-0362
石川県金沢市古府1-50-2

詳しく見る

診療内容

  • 歯医者さんネット
  • 歯科・歯医者の口コミサイト-歯科レビ
  • エイクレス治療

このページの先頭へ戻る